注文家具製作 アオキ家具アトリエ / ブログ

アオキ家具アトリエはオーダー家具のメーカーです。家具製作の仕事に留まらず、その枠を飛び越えた製作活動をしています。木や金属・布・ガラス・プラスチック素材などを使って、色んなモノを作っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) 

オフィスのテーブル 納品2

オフィスのテーブル天板のディテールです。

デスク 配線孔

天板の作業面はメラミン化粧板を練り付けました。
鏡面仕上げのメラミンは塗装仕上げのような質感があります。
天板中心にはコンピュータのための配線孔を並んでいます。
使わない時はキャップで蓋することができます。

配線用スペース

天板の裏、配線孔の下には配線用の棚が設けてあります。
棚にコードを通すことで、足元がすっきりと納まります。

パーティクルボード + メラミン

天板の見付け部分は、パーティクル・ボードを化粧材として使用しています。
白く染色をした上に、クリアウレタン塗装を施してあるので、
無塗装のような色味に仕上がります。

デザインはupsetters architectsです。

スポンサーサイト
  1. 港区 WEBデザイン事務所
  2. 2008/12/03(水) 

オフィスのテーブル 納品1

港区青山にあるWEBデザイン事務所にテーブルを納品に行ってきました。

オフィス デスク

全長4mのテーブル、奥行きは1.4mあります。
1台のテーブルで、8名が作業が出来るようにデザインされています。
4,000×1,400大の天板を1枚で製作+搬入するのは困難なので
1,000×1,400大の天板を4枚つなぎ、大きなテーブルを実現させています。

オフィス デスク w4,000

今回は天板の製作をしました。
脚は既製品です。

オフィス デスク w2,500

w4,000のテーブルの他に、w2,600とw3,500のモノも製作しました。
w2,600は4名で、w3,500は6名で使用します。
写真はw2,600×1,400大のテーブル。

デザインはupsetters architects

  1. 港区 WEBデザイン事務所
  2. 2008/11/29(土) 

オフィスのテーブル 製作2

港区青山のオフィスにお納めする、テーブル天板の木工作が完了しました。

青山オフィス テーブル2

ラワン合板で作った天板下地の周り(テーブルの木口部分)に、仕上げ材であるパーティクル・ボード15tを練り付けています。
コーナー部は留め加工が施してあります。

青山オフィス テーブル3

作業面にメラミン化粧板を練り付け完了です。
四角い穴はコンピュータのための配線孔。
この後、パーティクル・ボード部分にウレタン塗装を施します。
納品時、現地で既製品の金属製の脚が取り付けられ完成となります。

  1. 港区 WEBデザイン事務所
  2. 2008/11/25(火) 

オフィスのテーブル 製作1

upsetters architectからのご依頼で、港区青山にあるオフィスにお納めするテーブルを製作中です。

青山オフィス テーブル

テーブルの天板の大きさはw2,600×d1,400、w3,500×d1,400、w4,000×d 1,400mmの三種類。
かなり大きなテーブルなので、小さな天板を現場で組み立てて、完成となります。
写真は幕板にラワン合板の下地を貼り付けているところです。
この上にさらに、メラミン化粧板を練り付け仕上げていきます。

  1. 港区 WEBデザイン事務所
  2. 2008/11/20(木) 
このブログについて

このブログはアオキ家具アトリエ
運営しています。

プロフィールと連絡先を参照

旧)アオキ家具アトリエblog
2004年~の旧ブログです。
今後、少しずつこちらのブログに記事を移動してきます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ一覧
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
このブログをブックマーク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。