注文家具製作 アオキ家具アトリエ / ブログ

アオキ家具アトリエはオーダー家具のメーカーです。家具製作の仕事に留まらず、その枠を飛び越えた製作活動をしています。木や金属・布・ガラス・プラスチック素材などを使って、色んなモノを作っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) 

浦安市 T邸 体育館の床材で作った収納

テーブルをお納めした浦安市の住宅には、体育館の床廃材を使って収納棚も製作し納品しました。

廃材ベンチ
ベンチ兼収納棚です。
天板=座面に体育館の床材をそのまま使いました。
コートのラインがアクセントになります。

廃材 食器棚
キッチンの食器棚です。
扉に床廃材を使っています。
テーブルを製作した際は、古い塗装を落として新しく塗装を施しましたが、ベンチと食器棚は古い塗装のまま使用しています。

デザインはコムレール一級建築士事務所です。
スポンサーサイト
  1. 住宅
  2. 2014/10/06(月) 

浦安市 T邸 体育館の床材で作ったテーブル

建て替えのため、解体工事をおこなった体育館の床材を使って
ダイニングテーブルを製作しました。

体育館の床なのでバレーボールやバスケットボールのコートの線が所々残っています。

床材

一部の床材だけコートのラインを残した材料をつかいます。
他の材料は綺麗に研磨します。
パッチワークのように並べます。

床材研磨

染色+クリアウレタン塗装を施し、スチール製の脚にはめ込み完成です。

床材のテーブル

デザインはコムレール一級建築士事務所です。
浦安市の住宅にお納めしました。
  1. 住宅
  2. 2014/10/01(水) 

江東区 M邸 ダイニングテーブル(伸縮式)

江東区M邸にダイニングテーブルをお納めしました。


Mtei01

キッチンとリビング・ダイニングルームを仕切る壁に窓が開いています。
その窓から突き出る形でダイニングテーブルを設置しました。


Mtei03

このダイニングテーブルは伸縮式になっています。
上の写真の状態では、壁からテーブル天板が1,700mmでています。
下の写真は壁から2,300mm天板が出ている状態です。


Mtei02

天板はオーク材(柾目)の無垢材にクリアウレタン塗装を施し仕上げました。
脚はステンレス角パイプ25×25、ヘアライン仕上げです。


建築、家具の設計は大野三太建築設計事務所です。

  1. 江東区 M邸
  2. 2013/12/15(日) 

甲府市 Y邸 書架用ハシゴ

山梨県甲府市の住宅に書架用のハシゴをお納めしました。


hasigo1

階段室の壁が本棚になっているため、床にハシゴを立てることができないので
本棚上部にレールを渡し底にハシゴをひっかけて使います。


hasigo2

上部レールの長さは3.6mあり、ハシゴはそこを左右にスライドする事ができます。


hasigo3

ハシゴ、レールの素材はスチールパイプ25.4φ、メラミン焼付け塗装を施しています。


設計はSHOEI一級建築士事務所です。

  1. 甲府市 Y邸
  2. 2013/12/05(木) 

江東区 W邸 リビングボード+TV台 2

江東区W邸にリビングボード+TV台をお納めしました。


living01

部屋の床材、ダイニングテーブルなどの既存の家具にあわせ、
タモ(柾目)の突き板を主材で製作しました。
ワトコオイルとワックスを塗布し仕上げました。


living02

家具の中央にオーディオ機器類を配置し、天板、棚板には配線ができるように孔を設けてあります。
寸法はW3,950×D450×H550です。
デザインの原案はユーザー様、実設計はアオキ家具アトリエです。

  1. 江東区 W邸
  2. 2013/10/14(月) 

江東区 W邸 リビングボード+TV台 1

ユーザーさんから直接、注文を頂きリビングボードを製作しています。
living

全長4m近い幅を持つ家具になります。
デザインの原案はユーザーさんご本人がなさり、
それを元にお打合せを重ね、アオキ家具アトリエが設計をしました。
今週末に納品させていただきます。

  1. 江東区 W邸
  2. 2013/10/10(木) 

町田市 A邸 猫の遊び場(猫タワー)兼用リビングボード

町田市のマンションの一室にテレビ台、本棚を兼ねたリビングボードをお納めしました。

livingbord01

テレビ台の大きさはw3,300×d400×h500です。
ラワン合板にメラミン化粧板を貼り仕上げました。
吊り棚の大きさはw3,300×d200×h820です。
ラワン合板に木肌美人というシリコーンを使った防汚剤を塗布しました。


livingbord02

吊り棚の右側面が階段状になっています。
これはペットの猫が猫タワーのように棚を昇り降りして遊べるように、というアイデアです。


livingbord03

デザイン、製作ともアオキ家具アトリエが行いました。

  1. 町田市 A邸
  2. 2013/09/10(火) 
次のページ
このブログについて

このブログはアオキ家具アトリエ
運営しています。

プロフィールと連絡先を参照

旧)アオキ家具アトリエblog
2004年~の旧ブログです。
今後、少しずつこちらのブログに記事を移動してきます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ一覧
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
このブログをブックマーク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。