注文家具製作 アオキ家具アトリエ / ブログ

アオキ家具アトリエはオーダー家具のメーカーです。家具製作の仕事に留まらず、その枠を飛び越えた製作活動をしています。木や金属・布・ガラス・プラスチック素材などを使って、色んなモノを作っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) 

港区 オフィス 壁面の収納家具

暫くの間、ブログをお休みを頂いていました。
ブログを休んでいた間にお納めした家具をご紹介していきます。

2011年秋に港区元麻布にあるオフィスにお納めした壁面収納です。


tana1

500×500mmの小さな箱を5つと350×2,400の大きな箱を構成して一つの収納にした家具です。
素材にはポリ板×2色、ラーチ合板を使い表情を持たせています。


tana2

同じコンセプトでデザインされた別の収納です。
大中小、様々な大きさの箱を壁に固定し2,000×2,400の一つの家具が出来上がります。

デザインはミリメーターです。

スポンサーサイト
  1. 港区麻布のオフィス
  2. 2013/08/01(木) 

会議テーブル

世田谷区のセレクトショップ(D&DEPARTMENT)のオフィスに会議テーブルを納品しました。

会議テーブル

既存のテーブル脚に、新規に製作した天板を取り付けました。
素材はナラの突き板です。
クリアウレタン塗装を施してあります。

ミーティングテーブル

天板の一枚の大きさは1,400×1,100です。
3枚つなげるとw4,200のテーブルになります。
もちろん1台づつバラバラに使用することも出来ます。

(株)イノウエインダストリィズから依頼を頂き製作しました。

  1. 世田谷区 セレクトショップのオフィス
  2. 2011/03/07(月) 

ホワイトバーチ合板の家具

目黒区Nさんの仕事場の家具です。

ホワイトバーチ合板

フィンランドから輸入されたホワイトバーチ合板を使い製作しました。

本棚

奥行き20cmの薄い本棚です。
文庫本や単行本を収納するのに丁度いい寸法です。
裏板が無いので後ろの壁が見え、圧迫感・存在感が薄く感じます。

キッチンカウンター+

既存のキッチンカウンター(ステンレス製)にホワイトバーチ合板で作った棚を付け加えました。
シンクの下には食器棚になる棚(ガラス引き戸付き)を、
シンク脇には本棚にもなる棚を取り付けました。

Nさんのアイデアをもとに(株)アオキ家具アトリエがデザイン・製作をしました。

  1. 目黒区 装丁家の仕事場
  2. 2010/12/26(日) 

ホワイトバーチ合板の本棚

目黒区のNさんの仕事場に本棚をお納めしました。
輸入材のホワイトバーチ合板で製作しました。

ホワイトバーチ合板の木口

ホワイトバーチ合板は日本の合板と比べ、合板を作っている単板の厚さが薄く
プライ数が多いので木口の断面模様に特徴があります。
バームクーヘンのような木口の模様を生かした棚を製作しました。

カウンターと壁面棚

Nさんは本の装丁のお仕事をなさっているので蔵書量がとても多いです。
今回は合計3箇所に本棚を設置しました。

壁面いっぱいの本棚

棚の背面の壁が見えるように裏板がないデザインです。
背面の壁が見えることで家具のボリュームがいくらか消え
軽い印象の棚が出来上がります。

デザイン、製作とも(株)アオキ家具アトリエです。


  1. 目黒区 装丁家の仕事場
  2. 2010/12/25(土) 

ラーチ合板の本棚

いつもお世話になっている設計事務所(有)すわ製作所がお引越しをされました。
そのお手伝いで本棚を製作・取り付け工事を行いました。

ラーチ合板の棚

素材は構造用のラーチ(針葉樹)合板です。
通常は壁や床の下地に使われる材料です
節やヒビなどがあり荒々しい表情の材料です。

壁面収納

壁から壁まで、床から天井までいっぱいの壁面収納。
w5,500×d300×h2,250。

カウンター収納

窓の下の高さにあわせたカウンター収納。
w5,700×d300×h820。

入り隅のおさまり

壁面収納とカウンター収納が重なる入り隅部分の棚は
現場で板を切り、組み立てました。

この棚のほかにもデスクの天板やドアなども製作・納品しました。
デザインは(有)すわ製作所です。

  1. 世田谷区 すわ製作所オフィス
  2. 2010/12/14(火) 

ホワイトバーチ合板の家具

目黒区で、本の装丁のデザインをされているNさんの
仕事場のための本棚を製作しています。

ホワイトバーチ合板

素材はホワイトバーチ合板です。
フィンランドからの輸入材です。
日本の合板に比べると、合板を構成する単板の厚さが薄く
木口がバームクーヘンのような模様できれいです。

フィンランドバーチ合板

壁面に取り付ける本棚を3箇所分製作中です。
デザイン・製作はアオキ家具アトリエです。

  1. 目黒区 装丁家の仕事場
  2. 2010/11/18(木) 

吊り棚+本棚

港区のTデザイン事務所には、テーブルのほかに、本棚やエアコン収納(吊り棚)もお納めしました。

本棚と吊り棚

本棚、エアコン収納ともシナ合板を主材で製作しました。
エアコン収納=吊り棚の扉は、空気が出入りするためルーバーになっています。

飾り棚

本棚の寸法=w4,000×d300×h700。
棚板を支えているのはスチールプレートを箱状に曲げた物です。

本棚

家具のデザインは施主であるTデザイン事務所。
すわ製作所から製作依頼を頂いた仕事です。

  1. 港区 プロダクトデザイン事務所
  2. 2010/06/30(水) 
次のページ
このブログについて

このブログはアオキ家具アトリエ
運営しています。

プロフィールと連絡先を参照

旧)アオキ家具アトリエblog
2004年~の旧ブログです。
今後、少しずつこちらのブログに記事を移動してきます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ一覧
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
このブログをブックマーク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。