注文家具製作 アオキ家具アトリエ / ブログ

アオキ家具アトリエはオーダー家具のメーカーです。家具製作の仕事に留まらず、その枠を飛び越えた製作活動をしています。木や金属・布・ガラス・プラスチック素材などを使って、色んなモノを作っています。

ダイニングチェア

第19回 葉山芸術祭に出品されるKURAKURA storehouseさんがデザインされた椅子を製作しました。

小椅子

w380×d535×h830(sh450)。 素材はブナの無垢材です。 この写真では無塗装ですが出品時には茶色いオイルが塗られます。

小椅子 横

幾何学的なデザインで単純な形にみえますが作りは複雑です。

小椅子 後ろ

葉山芸術祭開催中のKURAKURA storehouseさんの営業日は4月29日~5月5日までと5月13~5月15日です。 この椅子のほかにも木で作られたオブジェや 器をはじめとした焼き物が展示、販売されています。

昨年の会場風景です。 展示用棚3展示用棚2です。

  1. 葉山芸術祭
  2. 2011/04/29(金) 

展示用棚3

葉山芸術祭に参加されているKURAKURA storehouseさんには座卓のような展示台もお納めしました。

座卓のような

w1,500×d350×h300の展示台を4台、杉の無垢材で製作しました。
KURAKURAさん達の手で墨汁とワックスが塗られ、
築110年の古民家のショップにとても馴染んでいます。

ディスプレイ用


展示台

KURAKURA storehouseさんはご夫婦で営んでいらっしゃいます。
作品も魅力的ですばらしいのですが、
庭師でもある白倉祥充さんが手入れをされている庭も見事です。
ゆっくりと時間が流れる居心地のいい場所です。

KRAKURA storehouseさんは次回は5/15(土)にオープンされます。

  1. 葉山芸術祭
  2. 2010/05/13(木) 

展示用棚 2

神奈川県葉山市を中心にした葉山芸術祭が開催中です。
先日 展示用の棚をお納めしたKURAKURA storehouseに行ってきました。

KURAKURA storehouse1

KURAKURA storehouseは古民家をショップ+工房にしています。
ご夫婦で製作された器や家具やオブジェが
築110年の家にも合い、とても居心地のいい空間です。杉の棚

ふすまの前に置かれている背の高い棚を製作しました。
当方では塗装をせずに納品したのですが
KURAKURAさんに墨汁+ワックスを塗り仕上げて頂きました。

杉の棚2

魅力ある器や木のオブジェに和みます。
KRAKURA storehouseさんは次回は5/15(土)にオープンされます。

  1. 葉山芸術祭
  2. 2010/05/10(月) 

展示用棚 1

葉山芸術祭に参加されるKURAKURA storehouseさんのための棚を製作しました。
デザインはKURAKURA storehouseの白倉祥充さんです。

杉の台

杉の無垢材で製作した高い棚と低い棚です。
高い棚のサイズはw450×d450×h1,500。
低い棚のサイズはw1,500×d350×h300です。

杉材の棚

写真は塗装がされていない状態ですが
白倉さん達の手により、墨が塗られ完成します。

葉山芸術祭は4月24日より5月16日まで開催しています。
KURAKURA housestoreさんは築110年という民家をショップ+工房にしています。
土の器や木の家具などを製作されています。

  1. 葉山芸術祭
  2. 2010/04/25(日) 
このブログについて

このブログはアオキ家具アトリエ
運営しています。

プロフィールと連絡先を参照

旧)アオキ家具アトリエblog
2004年~の旧ブログです。
今後、少しずつこちらのブログに記事を移動してきます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ一覧
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
このブログをブックマーク
RSSリンクの表示