注文家具製作 アオキ家具アトリエ / ブログ

アオキ家具アトリエはオーダー家具のメーカーです。家具製作の仕事に留まらず、その枠を飛び越えた製作活動をしています。木や金属・布・ガラス・プラスチック素材などを使って、色んなモノを作っています。

建築はどこにあるの?4

東京国立近代美術館で行われている建築はどこにあるの?7つのインスタレーション
伊東豊雄氏のブースの設営が完了しました。

伊東豊雄ブース

スチールパイプで組まれたフレームに、模型が取り付けられ、
布の皮膜が張られ、照明がセットされ完成しました。

伊東ブース

展覧会は8月8日まで行われています
↓の写真は展示模型の一部です。
伊東氏の様々なプロジェクトの模型が多数展示されています。

伊東豊雄 ブース 完成

?イノウエ・インダストリィズから施工・管理の委託をうけた仕事です。

  1. 建築はどこにあるの?
  2. 2010/05/05(水) 

建築はどこのあるの?3

東京国立近代美術館で行われている「建築はどこにあるの?7つのインスタレーション」
伊東豊雄氏のブースの設営風景です。

布を張る

スチールパイプ製の骨組みが出来上がったので
その骨組みに、皮膜となる布を張ったり
展示物である模型を固定していく作業に入ります。

模型の展示

多面体の内側の、壁や天井に当たる一面に建築模型が取り付けられます。
また照明器具も設置され始めました。

完成間近

布が張られ、光が当てられて柔らかい空間が出来上がっていきます。
完成までもう少しです。

布張りはNUNO、照明は岡安泉照明設計事務所がそれぞれ施工されています。

  1. 建築はどこにあるの?
  2. 2010/05/02(日) 

建築はどこにあるの?2

「建築はどこにあるの?」展の伊東豊雄氏ブースの設営には一週間ほどかかりました。

スチールフレーム

床にビニールの長尺シートを貼り、いよいよブース本体の組み立てに入ります。
まずは多面体の外形(骨組み)をスチールパイプを組合せて作っていきます。
パイプやジョイント用金具などのパーツの数は何百にもなります。

スチールパイプのジョイント

スチールパイプ同士は、2?5本に枝分かれしたジョイント用パーツを使いつなげていきます。
これらのパーツはこのブースのために特注で製作したものです。

スチールパイプのフレーム

約2日かけてフレームが組みあがりました。
このフレームに展示物を取り付け、皮膜である布を張り完成に近づけていきいます。

?イノウエ・インダストリィズから委託された仕事です。

  1. 建築はどこにあるの?
  2. 2010/05/01(土) 

建築はどこにあるの?1

東京国立近代美術館で4月29日より開催されている
「建築はどこにあるの?7つのインスタレーション」の会場設営をしました。
7組の建築家が新作インスタレーションを展示する展覧会です。

会場

我々は伊東豊雄さんのブースの設営を行いました。
設計は伊東豊雄建築設計事務所が行っています。

模型

模型のような、多面体をつなぎ合わせた空間を部屋の中に作っていきました。
この形は伊東氏設計のある建築の縮小モデルでもあります。

床

まずは床に多面体が設置される位置、大きさを墨出しします。
その墨に沿って床材を貼るための両面テープを施工しました。
初日の設営はここまで。

?イノウエ・インダストリィズから依頼を受けた仕事です。

  1. 建築はどこにあるの?
  2. 2010/04/30(金) 
このブログについて

このブログはアオキ家具アトリエ
運営しています。

プロフィールと連絡先を参照

旧)アオキ家具アトリエblog
2004年~の旧ブログです。
今後、少しずつこちらのブログに記事を移動してきます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ一覧
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
このブログをブックマーク
RSSリンクの表示