注文家具製作 アオキ家具アトリエ / ブログ

アオキ家具アトリエはオーダー家具のメーカーです。家具製作の仕事に留まらず、その枠を飛び越えた製作活動をしています。木や金属・布・ガラス・プラスチック素材などを使って、色んなモノを作っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) 

手洗い・洗面化粧カウンター

板橋区G邸には洗面・化粧カウンターもお納めしました。

洗面・化粧カウンター

お風呂の隣、脱衣・洗面スペースにカウンターと吊り棚を納めました。
吊り棚の扉には鏡を貼りました。
洗面カウンターの天板は人造大理石です。
扉や引き出しの前板はナラ(柾目)突き板+クリアウレタン塗装仕上げです。

手洗いカウンター

トイレには手洗いカウンターを設置しました。
仕様は洗面・化粧カウンターと同じです。

建築及び家具の設計は(株)廣田悟建築設計事務所です。
(写真は廣田悟建築設計事務所から提供して頂きました。)

スポンサーサイト
  1. 板橋区 G邸
  2. 2010/12/24(金) 

玄関 靴収納

先日、竣工した板橋G邸にお納めした玄関の家具を紹介します。

中庭から

中庭からみた室内の写真です。
写真左に写っているのが玄関の収納です。

玄関の収納棚1

扉にはナラ(柾目)の突き板を使用しています。
収納内部はポリエステル化粧合板です。
主に靴を収納します。

玄関の収納棚2

w980×d400×h2,400。
靴を収納するだけではなく、扉をあけるといろいろな機器の操作盤も隠されています。

写真はこのG邸を設計した廣田悟建築設計事務所より提供していただきました。

  1. 板橋区 G邸
  2. 2010/12/21(火) 

リビング収納

板橋区のG邸のリビング・ダイニングにお納めした家具です。

リビング収納

リビングルームの収納カウンター

キッチンの飾り棚の前にリビングルームが広がっています。
そこに収納棚を取り付けました。
w6,200×d475×h2,400(カウンターh750)。
ナラ(柾目)突き板+クリアウレタン塗装仕上げです。

リビングルーム

カウンター収納の背面には照明が仕込まれています。
またカウンター部分の上の壁面にはピクチャーレールが取り付けられ
絵画などが展示できるようになっています。

エアコン収納

背の高い収納棚にはエアコンも納められています。
エアコン収納部分の扉はステーにより任意の位置に止められます。

  1. 板橋区 G邸
  2. 2010/12/16(木) 

キッチン飾り棚

10月から携わっていた板橋区G邸の工事が終わりました。
様々な収納棚をお納めしました。

ダイニング・キッチン

リビング・ダイニングには2点の収納棚をお納めしました。
今日はキッチンカウンター脇の飾り棚(食器棚)を紹介します。

飾り棚

w980×d400×h2,400。
扉はアルミフレーム+ガラス板(飛散防止フィルム=フロスト風)です。
家具本体には白いエナメルウレタン塗装を施しました。

照明付き

家具本体の木口にはアルミのフラットバーを練り付けました。
棚の内部には照明器具が仕込んであります。
16mm以上の厚さの板であれば取り付けられる、家具用のダウンライト(ハロゲン球)です。
棚板は透明のガラス板なので光は下の段の棚板まで届きます。

設計は(株)廣田悟建築設計事務所です。

  1. 板橋区 G邸
  2. 2010/12/16(木) 

家具の取り付け工事 2

板橋区G邸の家具の取り付け工事が進んでいます。
今日はリビングルームの収納棚などを取り付けに行きました。

取り付け工事

工場で製作した箱をジョイントして
壁一面の大きな家具を組み立てていきます。

組み立て

現場にはまだ照明器具が取り付けられていないので
投光器を持ち込んでの作業になります。

作業中

現場の工程上、今の段階で扉を取り付けてしまうと他の作業によって
キズや汚れが付いてしまう可能性があります。
完成は壁にクロスが貼られた後になります。

下足箱、洗面カウンター、メディシンボックスなども製作・取り付けを行っています。

  1. 板橋区 G邸
  2. 2010/11/11(木) 

家具の取り付け工事

板橋区のG邸の家具取り付け工事が始まりました。
まずは他業者さんとの絡みが多いキッチンの棚から取り付けました。

家具の取り付け

大工さんの手で作られた壁に食器を収納する棚を取り付けます。
w980×d400×h2,400。

取り付け完了

家具の側面と建築の壁に、一枚の大きな白い板4tを張り
一つながりに見えるように施工しました。
家具の木口にはアルミ・フラットバーを練り付けました。

埋め込み式照明

天板と棚板には埋め込み式のダウンライトが仕込んであります。
可動式の棚板は透明ガラスを使用し、ガラスの扉が取り付けられます。

設計は廣田悟建築設計事務所です。

  1. 板橋区 G邸
  2. 2010/10/26(火) 

家具の製作開始

板橋区G邸の進行状況です。
家具の製作図面を書くのと並行して、現場の調査も行いました。
現場監督、大工さん始め他の業者さんと打ち合わせも必要です。

現場の下見

家具を取り付ける場所(壁の幅や天井の高さ)の寸法をとり、
その寸法に基づいて家具の製作寸法を決めます。
10月上旬にすべての家具の製作図が出来上がりました。

家具の製作

工場で家具の製作が進んでいます。
10月末より現場での取り付け工事が始まります。

  1. 板橋区 G邸
  2. 2010/10/16(土) 
次のページ
このブログについて

このブログはアオキ家具アトリエ
運営しています。

プロフィールと連絡先を参照

旧)アオキ家具アトリエblog
2004年~の旧ブログです。
今後、少しずつこちらのブログに記事を移動してきます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ一覧
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
このブログをブックマーク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。