注文家具製作 アオキ家具アトリエ / ブログ

アオキ家具アトリエはオーダー家具のメーカーです。家具製作の仕事に留まらず、その枠を飛び越えた製作活動をしています。木や金属・布・ガラス・プラスチック素材などを使って、色んなモノを作っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) 

盆栽棚 1

世田谷区の盆栽屋さんのための、展示棚を製作しています。杉の足場板

お店の外に設置する、盆栽を置くための棚なので耐水力がないといけません。
そこで棚板は、建設現場で使われる杉材の足場板を使います。
足場板を2枚接ぎ合わせ、幅400mm×長さ1,600mmの棚板を12枚製作しています。
足場板の荒々しい表情もそのまま生かします。
外部用のシリコン系塗料を塗り仕上げました。

スチールフレーム

棚板を支えるフレームはスチール角パイプ製です。
錆に強い亜鉛メッキを施し仕上げています。
亜鉛メッキのぎらぎらした表情が足場板によく合います。

デザインはアップセッターズ・アーキテクツです。

スポンサーサイト
  1. 世田谷区 盆栽店
  2. 2009/04/27(月) 

浅草T邸 キッチンカウンター+収納棚

浅草T邸にお納めしたキッチンカウンターです。

キッチンカウンター

幅約4m×奥行き65cm×カウンター高さ90cm。
カウンタートップはタモの集成材です。
収納棚部分はラワン合板製。
ともに染色+クリアウレタン塗装を施しました。

キッチンの特注シンク

シンクの向こう側は窓です。
明るくて気持ちのいい場所です。
シンクは、お施主さまのご希望で直線的なデザインの物を特注で製作しました。
シンクの深さは250mmあり、一般的なものよりも深くなっています。

キッチン 収納

ダイニング側の面にも収納棚が設えられています。
また、この家具は鉄骨の柱を隠すカバーにもなっています。

設計はアーキテクチャー・ラボ
施工・管理は日南鉄構?です。
  1. 浅草 T邸
  2. 2009/04/19(日) 

浅草T邸 リビング+ダイニング

浅草T邸にリビングとダイニングを仕切る収納棚をお納めしました。

収納棚

↑の写真はダイニング側から見た収納棚です。
w2,000×h2,500×d600。ラワン合板+染色の上クリアウレタン塗装仕上げ。
収納棚の内部には建築の構造柱が隠されているため、複雑な作りになっています。
収納棚手前に写っている照明器具の下に、ダイニングテーブルが置かれます。

仕切り棚

↑リビング側から見た収納棚です。
この家具は4面すべてが収納スペースになっています。
こちらの面にはTVが置かれます。
家具に開いている丸い穴は、そのための配線孔です。
向こうに見える家具はキッチンの収納棚です。

建築の設計はアーキテクチャー・ラボ
施工・管理は日南鉄構?です。

  1. 浅草 T邸
  2. 2009/04/18(土) 

浅草T邸 本棚

浅草T邸の家具工事がほぼ完了しました。
家具の完成写真をアップします。

両面使いの本棚

T邸3階の居室にお納めした本棚です。
w1,800×d500×h1,400。ラワン合板+染色の上クリアウレタン塗装。
奥行き500mmは本棚としては広すぎるようですが、この棚は両面使いなのです。
両側から本を差し込み使うため、奥行きが広くなっています。

両面使いの本棚2

裏板がないデザインなので、大きさの割りにボリュームを感じさせません。
写真奥の家具の向こうが寝室になっています。

設計はアーキテクチャー・ラボです。


  1. 浅草 T邸
  2. 2009/04/16(木) 

浅草T邸 取り付け工事その3

浅草T邸のための家具も製作しています。

家具組み立て

大小とりまぜた様々な大きさの、様々な形の箱を工場内で組み立てます。
素材はラワン合板です。
これらの箱を現場に搬入し組み立てます。

リビング収納1

ダイニングとリビングを仕切る大きな収納棚になります。
この家具は、TVのアンテナやコンセント、スイッチなど
電気の配線スペースも兼ねています。

リビング収納2

また部屋の中央に設置されるため、
家具の4面を仕上げなければなりません。
4面すべての面が収納スペースになっています。

新築中の住宅のための家具工事です。
設計はアーキテクチャー・ラボ
監理は日南鉄構?

いつもは工場内で塗装してからお納めしますが
今回の家具は現場の塗装屋さんが仕上げをするため、
ラワン合板の素地のままで取り付けをしています。

  1. 浅草 T邸
  2. 2009/04/13(月) 

浅草T邸 取り付け工事その2

浅草T邸に家具の取り付け工事に行ってきました。
今日は本棚や靴入れ、洗面カウンターを取り付けました。

本棚取り付け

w1,800×d500×h1,400の本棚です。
お納めするのは3階の部屋。
この寸法の家具を階段を使って設置場所に搬入するのは困難です。
なので2分割した家具を現場で接合しました。
接着剤が乾くまでクランプで仮固定しておきます。

  1. 浅草 T邸
  2. 2009/04/03(金) 

浅草T邸 取り付け工事

浅草のT邸(新築工事中の住宅)に、キッチンカウンターや洗面カウンターの取り付け工事に行ってきました。

キッチン取り付け

キッチンカウンターは全長約4m×奥行き65cm。
主材はラワン合板+染色のうえウレタン塗装、
甲板はタモの集成材です。
甲板の四角い穴にはシンクやコンロが嵌め込まれます。

洗面カウンター取り付け

洗面カウンターもキッチンと同仕様です。
タモの集成材の甲板の上に、洗面器が取り付けられます。

次回は下足入れなどを取り付けに伺います。

設計はアーキテクチャー・ラボ
日南鉄構(株)から製作依頼を頂きました。

  1. 浅草 T邸
  2. 2009/04/01(水) 
このブログについて

このブログはアオキ家具アトリエ
運営しています。

プロフィールと連絡先を参照

旧)アオキ家具アトリエblog
2004年~の旧ブログです。
今後、少しずつこちらのブログに記事を移動してきます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ一覧
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
このブログをブックマーク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。