注文家具製作 アオキ家具アトリエ / ブログ

アオキ家具アトリエはオーダー家具のメーカーです。家具製作の仕事に留まらず、その枠を飛び越えた製作活動をしています。木や金属・布・ガラス・プラスチック素材などを使って、色んなモノを作っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) 

一人掛けソファ 完成

製作中だったソファが完成しました。
このソファは販売することを計画しております。
今回は試作のため当事務所で使用します。

ソファ

w700×h700×d650の小さなソファです。
六畳間にも置けるソファがコンセプトです。

脚は木製

フレームはナラ突き板練り付け合板で製作しています。
一枚の合板をくり貫いて、各パーツを作っています。
合板の木口の積層断面のストライプ模様も意匠として現しています。

ソファ 背面

当事務所には猫がいます。
汚れ防止や手入れの良さを考慮し、今回はクッションをビニールレザー張りにしました。
ユーザー様のご希望でお好みの張り地を選ぶことができます。
革張りも布張りも可能です。

クッションはビニールレザー張り

ビニールレザーは撥水性が高い代わりに、通気性が低いのです。
座った時にクッションの中の空気が逃げないと、
折角のウレタンの柔らかさが生かせません。
そこで写真のような空気穴(丸い黄色い金物)を取り付けます。
ビニールクッション特有のゆったりした空気の抜け具合がいい座り心地に繋がります。
また座面用クッションは両面使いです。
時々、クッションをひっくり返して使用することで、長持ちします。

参考価格 \105,000(税込み)

スポンサーサイト
  1. プロダクト
  2. 2009/05/22(金) 

一人掛けソファ 製作

一人掛けソファの製作を進めています。

ソファ組み立て中

先日、製作した型を使い、ソファのフレームの材料をくり貫きました。
それらのパーツを組み合わせフレームを組み立てています。

ソファ組み立て完了

ラワンベニア(積層合板)24tを芯に、その両面にナラ材の突き板合板を練り付けました。
合板の積層断面は意匠として生かします。
この後、クリアウレタン塗装を施し、クッション(座と背)をフレームに嵌め込み完成します。

デザイン・製作はアオキ家具アトリエです。

  1. プロダクト
  2. 2009/05/17(日) 

一人掛けソファ デザイン決定

3月から開発中だった一人掛けソファのデザインが決定しました。

模型

↑模型(S=1/5)の写真です。
w700×d650×h700の小さなソファが出来上がる予定です。

ルーター用型板

先日から実物の製作に取り掛かっています。
合板をくり貫いた材を組み合わせてフレームを作って行きます。
まずは、フレームを構成する合板を、切り抜くための型板を製作します。
脚板、背もたれ、肘掛部分の型をMDF材で作りました。


  1. プロダクト
  2. 2009/05/15(金) 

サイドボード製作2

アオキ家具アトリエの事務所の棚が完成しました。

サイドボード1

w1,500×d350×h900。
フィンランド・バーチ合板を芯に、ポリエステル化粧合板とメラミン化粧板を練りつけ製作しました。
オーソドックスなデザインで、どことなく高級感があります。

サイドボード2

事務所のペット=ミシシッピニオイガメの水槽を置きました。
打ち合わせスペースの棚なので、木材のサンプル板やカタログを収納しようと思います。


デザイン+製作はアオキ家具アトリエです。

  1. アオキ家具アトリエ 事務所
  2. 2009/05/10(日) 

サイドボード製作1

アオキ家具アトリエの事務所の棚を製作しています。
書籍やカタログ、サンプル帳など収納するサイドボードです。

バーチ合板木口

棚本体にはフィンランドバーチ合板を使いました。
合板を構成する単板1枚1枚が薄いのが特徴の合板です。
ラワン合板などよりも木口のストライプ模様が細かくなります。
表面にはメラミン化粧板を練り付けました。

フラッシュ扉

扉はポリ板のフラッシュですが、芯材にフィンランドバーチ合板を使い、
本体の木口同様、細かいストライプ模様を表し意匠を揃えます。

つづく。

  1. アオキ家具アトリエ 事務所
  2. 2009/05/08(金) 

玄関の棚

アオキ家具アトリエの事務所の玄関に棚を設えました。

玄関の棚

当事務所の玄関の扉を開けると正面に、奥の部屋が見えにくいように小壁が立っています。
その壁面から「何かを置いてくれ」と言われているようで以前から気になっていました。

元テーブル

そこでw600×d300×h720の棚を取り付けました。
じつはコレ、一人用テーブル(w600×d600)として試作したモノなのです。
日の目を見ることも無く、工場の倉庫スペースで埃を被っていたのですが、
この度めでたくテーブルのような棚として復活しました。

引き出し付き

天板はメラミン化粧板、下地合板の積層断面あらわし。
脚はスチールパイプ25.4Φ+メラミン焼付け塗装仕上げ。
届いた郵便物や、出かける時に忘れてはいけない物を置いておく場所になりそうです。
引き出しには印鑑やペンを入れています。

デザイン・製作はアオキ家具アトリエです。


5月3日より6日までお休みを頂きます。
お見積もりやお問い合わせに付きましては5月7日以降にお返事いたします。

  1. アオキ家具アトリエ 事務所
  2. 2009/05/03(日) 

盆栽棚 2

世田谷奥沢の盆栽店に展示棚をお納めに行ってきました。

盆栽棚1

スチール角パイプ+亜鉛メッキ仕上げの棚フレームに、
杉の足場板で作った棚板を乗せ構成された盆栽棚です。

盆栽棚2

亜鉛メッキの金属らしい表情と、杉の無垢材の表情が組み合わさり
素朴で自然な印象の棚が出来上がりました。

デザインはupsetters architects
お店は品品さん。

  1. 世田谷区 盆栽店
  2. 2009/05/01(金) 
このブログについて

このブログはアオキ家具アトリエ
運営しています。

プロフィールと連絡先を参照

旧)アオキ家具アトリエblog
2004年~の旧ブログです。
今後、少しずつこちらのブログに記事を移動してきます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ一覧
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
このブログをブックマーク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。