注文家具製作 アオキ家具アトリエ / ブログ

アオキ家具アトリエはオーダー家具のメーカーです。家具製作の仕事に留まらず、その枠を飛び越えた製作活動をしています。木や金属・布・ガラス・プラスチック素材などを使って、色んなモノを作っています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. --/--/--(--) 

ランドセルの展示台 3

土屋鞄製造所 童具店・中目黒に完成したランドセルの展示台をお納めしました。

展示台 大と小

天板の素材はケヤキの無垢材。
W420×D520×T65。木肌美人というシリコン系の塗料を塗り仕上げました。
脚はスチール・ロッド12φ+黒皮風焼付け塗装。

ランドセルの台

高さ寸法が違う2種類の展示台を
合計5台、お納めしました。

ランドセル掛け

ランドセルを肩に掛けた様に展示する什器もお納めしました。
小学生が背負った高さにランドセルが展示されます。
フタをあけて裏地を見たり、鞄の中を見れるように設計された展示什器です。

店舗の設計、什器のデザインはすわ製作所です。

スポンサーサイト
  1. 目黒区 T鞄製造所
  2. 2010/08/31(火) 

ランドセルの展示台 2

ランドセルの展示台の製作工程の続きです。

ケヤキのムク材

カンナ盤に通し長方形の断面を持つ材料にしたら
その板同士を接ぎ(はぎ)あわせます。
板接ぎには木工用の接着剤を使用します。
接着剤が乾くまでクランプでしっかり固定しておきます。

ケヤキ 素材

クランプをはずすと一枚の板が出来上がります。

サンダーで削る

グラインダーに木工用のディスクをつけバリバリと削っていきます。
まずは粗い目のディスクで大胆に削り
サンドペーパーペーパーで仕上げていきます。

無垢材 削る

つづく。

  1. 目黒区 T鞄製造所
  2. 2010/08/28(土) 

ランドセルの展示台 1

土屋鞄製造所 童具店・中目黒にランドセルの展示台をお納めしました。

ランドセル 展示台

天板はケヤキの無垢材を使用しています。
以下、w420×d520×t65の天板の製作工程です。

ケヤキ 丸太

厚さ200mm×長さ2700mmの、ほぼ丸太のケヤキのカットから始めました。
電動マル鋸を使い500mm?1,000mmくらいの長さに切断します。

ケヤキ 製材

長さをカットしたら、次はバンドソーを使い材を縦に割きます。
t70×w170?200×L500?1,000の板状の材料が出来上がります。
次に手押しカンナ・自動カンナをかけ、正確な平面を持つ板にします。

デザインはすわ製作所です。
つづく。

  1. 目黒区 T鞄製造所
  2. 2010/08/22(日) 

壁面収納 本棚

三鷹市のK邸に壁一面の本棚をお納めしました。

奥行きの深い本棚

w1,950×d600×h2,200。
素材はメープル(柾目)の突き板です。
ワトコ・オイルフィニッシュで仕上げました。

ポニークランプで組み立て

運送、搬入を考え4分割した箱を工場内で製作しました。
それを設置場所で組み立てて大きな1台の家具にします。
今回はつなぎ目のないデザイン(方立てや棚板が2重にならない)を目指したので
箱同士を現場で接着して組み立てます。

可動の棚板

この家具の奥行きは600mmあり本棚としてはかなり深いのです。
可動式の棚板を前後2列に分けることによって
様々なサイズの本の大きさに対応し、スペースを有効に使うことができます。

レコードも収納できる本棚

本だけでなくレコードプレーヤー、アンプ、レコード盤なども収納されます。

ブランケットデザインによるデザインです。

  1. 三鷹市 K邸
  2. 2010/08/19(木) 

ランドセルの展示棚

目黒区青葉台にオープンする土屋鞄製造所にランドセルの展示棚をお納めしました。

ランドセルの台

フレームはスチールアングルで組みました。
鉄の素材そのままの黒皮仕上げです。
w1,200×d500×h600。

ランドセル展示台

同じデザインで背の高い棚も製作しました。
w1,200×d520×h1,000。

ナラ無垢材 棚板

棚板はナラの無垢材です。
ワトコ・オイルフィニッシュで仕上げました。

インテリアと家具の設計はすわ製作所です。

  1. 目黒区 T鞄製造所
  2. 2010/08/14(土) 

足立区K邸 食器棚+カウンター

足立区のK邸に食器棚+カウンターをお納めしました。

キッチンカウンターの後ろ

アイランド型キッチンカウンターの背面に取り付けました。
食器や鍋類だけでなく、お米などの食品も収納されます。

食器棚+カウンター

外形寸法はw2,755×d420×h2,110。
シナ合板(カウンターの天板のみホワイトバーチ合板)にクリアウレタン塗装を施し仕上げました。
カウンターの天板上の壁にコンセントが付けられ
電子レンジ・炊飯器などの電気調理器が置けるようになります。

冷蔵庫置き場

カウンターには引き出しを設けました。
カトラリーなどの小物が収納されます。
家具の右側にはパーティションが付けられ、その向うには冷蔵庫が設置されます。

ゴミ箱用ワゴン

カウンターの下にはゴミ箱を収納するためのワゴンを3台用意しました。
分別ゴミにも対応できます。

基本デザインは、建築関係の仕事をしているクライアントのK氏です。

  1. キッチンの家具
  2. 2010/08/07(土) 
このブログについて

このブログはアオキ家具アトリエ
運営しています。

プロフィールと連絡先を参照

旧)アオキ家具アトリエblog
2004年~の旧ブログです。
今後、少しずつこちらのブログに記事を移動してきます。

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ一覧
月別アーカイブ
twitter
検索フォーム
このブログをブックマーク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。